Skip to content

ローンの返済方法を知っておくべきでした。

私が大学生だったころ1人暮らしをはじめたばかりの頃はお金の感覚が全くありませんでした。

食べたい物を食べ、ショッピングも必要なものだと思い衝動的に買物をしていました。

大学1年生の夏ごろからアルバイトをするようになり自由に使えるお金も増えた事で、さらに私の物欲が増して行きました。

最初は、危機感が全くない状態でお金を使っていましたが、ある時これではいけないと思い始めました。それが、仕送りです。

楽しい生活を半年以上続けていましたが、フッと口座を見ると毎月母が生活費に何万円ものお金を振り込んでくれていました。それを見た時に、とても申し訳ない気持ちになりました。それからは、母の仕送りをなるべく頼らず自分で稼いだお金で生活しようと考えるようになりました。

学生生活は、父や母への負担を減らしたいと思い卒業するまでアルバイトを続けて生活費を稼ぎました。卒業後、就職してからは自分の自由なお金がさらに増えた事もあり、また、色んなものを買う生活に戻ることになりました。お得だと聞けば、貯金がなくならなければ大丈夫だろうと思い現金払いで買物をしていました。そのうち、クレジットカードで買物をすると支払いが先送りになることを知り、お得だと思いクレジットカードを作りました。すると、支払いが1ヵ月先になるのでまたしても、買物をカードでするようになります。すると、翌月まとまった支払い請求が来てとても驚きました。

返済方法を勉強するなり、借りるときに、借り方の勉強をしておくべきでした。返済方法については、詳しく書いてくれているサイトが探してみるとありました・・・ローン返済方法

これではダメだと思いなおすのですが、出費を抑えるのではなく、私はリボ払いを選択して買物を続けました。今、考えればとても愚かだったと思いますし、無知な自分がとても恥ずかしいです。

当時は若かったこともあり買物をどうするか?お金の支払いを先送りにするにはどうしたらいいか?などと考えていました。するとリボ払いの分割方法も手数料もよくわからないまま毎月支払いが多くなっていき、このままでは自分が一体この先いくら支払えばいいのか分からなくなると思いました。

それから、リボ払いの意味を知ったことですぐに買物を止めました。仕事も続けていたので支払いが滞ることもなくすみましたが、無知のまま買物をしていたら消費者金融を頼ることになっていたと思います。消費者金融を使っていた友人は、うまく利用して生活をしていたので本当に困った時には助かるシステムだとも思っていますが、利用することが無いように今は、節約生活とお金の管理をしっかりしていこうと努力しています。

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*